ウコンについて

クルクミンがうつに良いと言われている理由は?
「研究結果が発表されました!!」 最近、研究結果が発表された、クルクミンによる、うつ病に効果が発揮されているとの結果です。 クルクミンはアドレナリンの血中濃度を下げると共に、セロトニンやノルアドレナリンの血中濃度を増やす作用が有る事が判り
クルクミンには美容効果があって美肌に良いって本当?
「クルクミンの敵が現れた!!」 肌の敵、“紫外線”から受けると刺激を受けて活動するNFKBの細胞が炎症を起こします。 その炎症を抑えてくれるのが、“クルクミン”の効果によるものです。 「どんな効果が有るの?」 クルク
クルクミンはボケ防止に良いって本当
「朝からカレーを食べましょう!!」 以前、“朝カレー”が流行った事が有りましたね。 朝から、カレーは・・・と思う人も遣った!!と思う人もいたはずですね。 カレーには、“ターメリック”と云う香辛料を用いる事によって、香りや色付けに
クルクミンは育毛にも良いって本当?
 「クルクミンって二日酔いに効くのでは!!」    最近、発表されて、ちょっと驚き!!しかも男性には必見です。    “男性型脱毛症”に効くのです。    5αリタクターゼの分泌を抑えてくれる作用が働いてくれるのです。
ウコンは妊娠中に飲んでも大丈夫?
諸説ありますが妊娠中は一度に多くのウコンの摂取は避けたほうがいいでしょう。 ウコンには子宮を収縮させる効果があり血行促進や経血のとどこおりの改善などにより生理痛の緩和作用があります。 女性にとって新陳代謝を上げたり、シミやシワの防止、細胞の
クルクミンを摂りすぎると害が有るって本当?
「クルクミンも害に成る?」 ウコンに豊富に含まれるクルクミンは、胆汁の分泌作用や、炎症効果など、様々な効果を齎しているのですが、一方では研究の結果、ウコンの継続での服用で肝炎を発症するおそれが有る事が判りました。 「どうして起こるの?」
クルクミンを摂るなら春ウコンと秋ウコンどっちが良い?
「春ウコンって春だけ・・・」 春に、ピンクの花が咲く事から“春ウコン”又はキョウオウとも云われ中国では漢方薬として使われています。 春ウコンには、“クルクミン”はあまり含まれては無く、精油成分が多く含まれている事から健康維持・血圧の低下・
クレアチニンを下げるにはウコンが良いって本当?
「クレアチニンってそもそもなに?」 “クレアニチン”とは、筋肉運動のエネルギーとして、代謝されるアミノ酸の“クルアチン”が分解してできる老廃物の事です。 クレアニチンは体内の筋肉の中から血液を通って腎臓まで行くのですが血液が濾過された時、
何故、ウコンは二日酔いに効くの?
「二日酔いになったら、”ウコン”でも効かなくない?・・・」 飲み過ぎた・・と思った時は、すでに遅いという経験は少なからずあるかと思いますが強い味方が”ウコン”なんですね。 二日酔いとは体内のアルコールが大量に入った時、アルコールを分解が出
高尿酸値、高脂血症とウコンの因果関係は?
「高尿酸値とはなに?」 “血清尿酸値“の値が”7.0mg/d1を超えると、高尿酸血症と診断されます。 肥満、脂質異常症、耐糖能異常、高血圧症などのメタボリックシンドロームの頻度が高くなる訳です。 「ウコンには、痛風にも効く?」