高尿酸値、高脂血症とウコンの因果関係は?

「高尿酸値とはなに?」


“血清尿酸値“の値が”7.0mg/d1を超えると、高尿酸血症と診断されます。


肥満、脂質異常症、耐糖能異常、高血圧症などのメタボリックシンドロームの頻度が高くなる訳です。


「ウコンには、痛風にも効く?」


ウコン自体に含まれる“クリミン”が尿酸値を下げる効果をもたらしてくれます。


「ウコンと高脂血症とは深い関係です!!」


自然本来から出来ている成分という事も在って、安心して服用できる事が、ウコンのもう一つの効果ですね。


クリミンもそうですが、“クルクミン”の役割が、高尿酸値に影響を与える効果が多いに有りますね。


「食物繊維とウコン」


食物繊維に、腸内でコルステロールを吸着して、対外に排出させてくれる作用があります。


更に、有効成分のテレペン系精油成分が血中コルステロールを分解して、高脂血症を予防してくれます。


「ウコンと高脂血症は上手くお付き合いをする事!!」


ウコンに含まれる成分を上手く活用して肥満、脂質異常症、耐糖能異常などにならない様に予防する事が大事ですね。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。