生ウコンの食べ方でオススメの方法は?

「あの苦味のあるウコンを“生”で!!」


“ウコン”の有効成分の事の効果を考えたら、生で齧るか、生のまま、おろして食べる事が効果的には繋がりますが、苦味の強いウコンではちょっと辛いですよね。


「お薦めがある!!」


特徴として、熱でも、成分は壊れないので、料理に使う事です。


1.スパイスとして使う・・・カレーや中華慣れてきた時には、和食などにも使えます。


2.色を付ける事が出来ますので、“沢庵”などに使用する事も在りますね。


3.すりおろしたウコンをスープなどに使用する。


「ウコンは春・秋ウコンとあるけど?」

食用として使用が出来るのは“秋ウコン”です。


ウコンの切り口が濃いオレンジに近いほど、ウコンのクルクミンが沢山含んでいる事の証ですので、覚えていても良いと思います。


「ワンポイント!!」


すりおろした“生ウコン”をお水かもしくは、お湯の中に入れて毎日飲むと、便秘の改善・お酒が残らない
効果も在ります。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。