何故、ウコンは二日酔いに効くの?

「二日酔いになったら、”ウコン”でも効かなくない?・・・」


飲み過ぎた・・と思った時は、すでに遅いという経験は少なからずあるかと思いますが強い味方が”ウコン”なんですね。


二日酔いとは体内のアルコールが大量に入った時、アルコールを分解が出来ない状態が続く事で毒素(アセトアルデヒト)という物質が体内に居座る事によって頭痛や吐き気などの症状が現わすのが二日酔い状態となる訳です。


この状態から救ってくれるのが、”ウコン”の中にある大量の”クルクミン”の効果が発揮してくれます。


肝臓の機能の強化作用が二日酔いの症状には効果覿面に発揮するのも、”ウコン”だからこそ、優れ物ですよね。


「本当に効くの?・・・」


”ウコン”の肝臓での胆汁の分泌作用効果は医学的にも評価されています。


では、お酒を飲む前にウコンを飲むのが効くのか、お酒を飲んだ後にウコンを飲む方が効くのか強いて言えば、どちらでも効き目は有るとの事です。


但し、”ウコン”も漢方薬なので薬には間違いないので、むやみに服用する事は避けて医師に相談してから、服用しましょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。