ウコンに含まれるクルクミンってどんな効果があるの?

クルクミンってなに?


ウコンには主に、秋ウコン・春ウコン・ガッシュ(紫ウコン)があり、ガッシュは漢方薬として、使われています。


秋ウコンは特に肝臓機能に効果が発揮される作用があり、アルコールを飲む時には必需品になる位ですね。


ウコンには鉄分が多く含まれており、肝臓に疾患が有ると更に肝炎が重症になる事にも繋がっていく事に。


この鉄分の低減の効果を発揮するのが『クルクミン』の効果なのです。


クルクミンの効果は?

腸管と肝臓の循環する事によって長い時間、効能を持続させる事
クルクミンを微細化する事。吸収性を伸ばす
免疫を調整する作用


クルクミンは生活習慣病にも効果があるって本当?
アルツハイマー病
循環器系疾患の予防・・動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞などに予防する効果が有ります。
がん予防・・・クルクミンには、がんを防ぐ効力は無いのですが、クルクミンが体内に入るとテトラヒドロクルクミンに代わる事によってがん予防に繋がる訳です。


ウコンの力は凄い!!


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。