ウコンとダイエットの関係は?

胆汁を作りだす作用との関連?


肝臓では、尿と同じ位の量を胆汁を作っています。


この胆汁こそ、コルステロールの原材料と成っている事により、脂肪が蓄積してしまい、脂肪肝や肝臓に負担を掛ける原因になっています。


ウコンから、排出される胆汁によって、コルステロールの値を下げる事によって、糖や脂肪を代謝させる作用が働き、肝臓の機能を発揮させる要素と成る訳です。


胆汁の分泌物は多い方が良いの?


胆汁の分泌物が多ければ多いほど、体内の、コルステロールの消費が活性化されて、コルステロールや中性脂肪が燃焼されやすい、体になっていきますので、ダイエットとしては、抜群の効果が表れる事に繋がりますね。


新陣代謝の絡みは?


新陣代謝の活性化を発揮するのが「ウコン」となりますね。


ウコンには、体内の循環をよりよく働かせる役割を持っているので、ダイエットには、必需品になりますね。


紫ウコンが効果を発揮させてくれるウコンと成ります。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。