ウコンが肝臓に良いって言われる理由は?

ウコンが肝臓に良いって言われる理由はなんといっても『クルクミン』でしょ!!


『クルクミン』ってなに?

肝臓で代謝によっていらなくなった物質を胆管から腸へ排出する作用が有る事により肝臓がスムーズに働く事ができる事で肝機能の向上に繋がっている訳です。


抗炎症作用ってなに?

炎症を防ぐ事により、肝臓から炎症を取り除く事が出来る事になります。


活性酸素は除去した方が良い?


活性酸素とは、老化や病気の原因の一つとされているのが、「体内の酸化」いわゆるカビの事です。このカビを体内から取り除く事が出来るのがクルクミンの作用です。

この作用によって、肝臓の負担も軽減されるのです。更に、ポリフェノールの抗酸化作用は、赤ワインの2倍位有るとの事です。


脂肪肝にウコン?


アルコールの飲み過ぎなどによる、中性脂肪が蓄積してしまう状態の事を脂肪肝と言いますが、肝臓にも大きな負担が掛かりますので、脂肪を取り除く事が必要と成ります。

ウコンは肝機能を向上させる作用を活用して、脂肪肝や肝臓の元気を取り戻してみましょう。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。